佐藤医院ロゴ

  • 西臼杵郡高千穂町【佐藤医院】 ※診療科目: 内科/小児科/胃腸科/循環器科

新型コロナウイルス感染症について



以下、厚生労働省サイト内「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」、「宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイト」、「高千穂町 新型コロナウイルス関連情報」より一部引用

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」により起こる病気です。
コロナウイルスは一般の風邪の原因となるウイルスやSARS、MERSといった呼吸器症候群を起こすウイルスが代表的です。
生体特徴としては自分自身で増える事は出来ませんが、粘膜などの細胞に付着して体内に入りこんで増える事ができます。
このウイルスは粘膜に入りこむ事はできますが、健康な皮膚には入りこむ事ができず表面に付着するだけと言われています。
表面に付着したウイルスは時間(24時間~72時間)が経てば壊れてしまいます。
またコロナウイルスは熱(70度以上で一定時間)及びアルコール(70%以上、市販の手指消毒用アルコールはこれにあたります)に弱いことがわかっています。

昨今では、生物やウイルスの遺伝子情報が変化する変異株として「オミクロン株(BA.x株)」が多く蔓延している傾向があります。
変異株の特徴として感染の広がりやすさ(伝播性)や、引き起こされる病気の重さ(病毒性)が変わることもあれば、ワクチンや薬が効きにくくなる(免疫逃避や耐性獲得)こともありますが、基本対策(3つの蜜の回避)および感染症対策(手洗い、マスク、咳エチケットなど)は従来通り有効となります。

感染経路について

ウイルスは一般的には飛沫感染、接触感染で感染します。
閉鎖した空間で、近距離で多くの人と会話する環境では、咳やくしゃみなどの症状がなくても感染を拡大させるリスクがあると言われています。
したがって、人と人との距離をとること(社会的距離)、外出の際のマスク着用、咳エチケット、石けんによる手洗い、アルコールによる手指消毒、換気といった一般的な感染症対策や、十分な睡眠をとる等の健康管理を心がけることで感染を抑えることができます。新型コロナウイルスでは、発症の2日前から発症後7~10日間程度他の人に感染させる可能性があるとされています。特に、発症の直前・直後でウイルス排出量が高くなるため、無症状病原体保有者(症状はないが検査が陽性だった者)からも、感染する可能性があります。また内閣府食品安全委員会によると食品そのもの(生で喫食する野菜・果実や鮮魚介類を含む。)、食品の包装から新型コロナウイルス感染症に感染したという知見・情報は得られていません。ただし食事の配膳等(食器を含む)を行う場合は、不特定多数の人と接する可能性があるため、接触感染に注意する必要があります。
そのほか新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は今のところ見つかっておりませんが、ヒトからイヌ、ネコが感染したと考えられる事例が数例報告されているようです。そのほか手紙や荷物のような物ではコロナウイルスは長時間生きることができないとしています。

感染を防ぐには①

ウイルスは粘膜に入りこむ事はできますが、健康な皮膚には入りこめず付着するだけといわれていますので、洗い流すことができる手洗いは有効です。
更に石けんを使った手洗いはコロナウイルスの膜を壊すことができるので、手洗いの際は、指先、指の間、手首、手のしわ等の汚れが残りやすいといわれているこれらの部位を特に念入りに洗うことが重要です。
また、流水と石けんでの手洗いができない時は、手指消毒用アルコールも同様にウイルスの膜を壊すことによって感染力を失わせることができます。

感染を防ぐには②

基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の自粛、「3つの密」を避けること等が重要です。これまでに国内で感染が確認された方のうち重症・軽症に関わらず約80%の方は、他の人に感染させていない一方で、一定の条件を満たす場所において、一人の感染者が複数人に感染させた事例が報告されています。集団感染が生じた場の共通点を踏まえると、

1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)
2.密集場所(多くの人が密集している)
3.密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や共同行為が行われる)

という3つの条件のある場では、感染を拡大させるリスクが高いと考えられていますので極力避ける様にする事が大事です。

また以上の予防を実施したうえでも感染をゼロにすることは極めて困難です。
以下の症状を感じる方は当院まで「マスク着用」にてお越し下さい。

感染を防ぐには③

セルフケア(体調管理)は感染予防の観点で、健康の保持・増進のために日常から気をつけることが重要です。

・適切な食生活
・適度な運動
・十分な睡眠
・禁煙
・お酒との上手な付き合い方

特に65歳以上の高齢者や喫煙歴がある、妊娠している等、重症化リスクをお持ちのかたは注意が必要です。

新型コロナウイルス感染症が疑われる方へ

新型コロナウイルス感染症の症状は風邪や季節性インフルエンザ等と非常に似ています、発熱や咳など以下の症状がある場合は自己判断せずかかりつけ医にまずは相談しましょう。
当院の感染症疑いのある方へのご対応

●発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続く時や強い症状と思う場合。
(解熱剤を飲み続けなければならない場合を含みます)

●以下の方は直ぐにご相談下さい。
息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方で風邪の症状がある場合。


※宮崎県コロナウイルス感染症対策特設サイトより

高千穂町の新型コロナウイルスワクチン接種について(随時更新)

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

●新型コロナウイルス感染症と陽性診断された方について「医師からの発生届」の有無によりご対応が異なります。
以下のフローをご参考にして療養をお願いします。

新型コロナウイルス感染症の罹患後症状(後遺症)について

新型コロナウイルスに感染し治療や療養期間が終了後にも、倦怠感や息切れ、睡眠障害などが長引いたり、新たに発症したりする後遺症と疑われる症状が報告されています。
またこれらは新型コロナウイルスに感染した方で、症状が無かった方や軽症であった方でも、後遺症として発現する場合があります。後遺症は、まだ実態が明らかになっていない面が多くありますが、時間の経過とともに快方に向かう場合がほとんどで、一般の診療で十分対応可能なものも少なくありません。

主な後遺症

・だるさ ・息苦しさ ・胸の痛み、違和感 ・咳 ・脱毛
・味覚、嗅覚障害 ・不眠症 ・記憶障害 ・集中力低下 ・抑うつ  等

上記の症状でご不安な方は、まずはかかりつけ医など身近な医療機関に相談してください。また宮崎県医師会より以下のセルフチェックシートにて受診の目安などを確認する事が出来ます。まずは悩まずに相談(受診)する事をお勧めします。

ダウンロードはこちら

新型コロナウイルス感染症相談ダイヤル

新型コロナウイルス感染症診断・相談センター 0985-78-5670
宮崎県フォローアップセンター(24時間) 0120-890-099

関連リンク

感染予防関連リンク

診療時間のご案内

診療時間
(月)~(金) 午前9:00~12:00 午後14:00~18:00
休診日 : 水曜午後/土曜/日曜/祝祭日|毎月、第2、第4金曜日

※第2、第4金曜日は休診となります。

ページトップへ戻る